グラス トラッカーのページを説明

SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

グラス トラッカーにようこそ!

グラス トラッカーにについてのポータブルサイトです♪
どうぞ、ご利用くださいませ♪


グラス トラッカーにについての情報をまとめました♪
きっと、お役に立つ記事がありますよ♪


■当サイトの目次

スズキ・ST250

ST250 Etype ST250 Etypeは2004年1月15日に全国発売されました。セルスターターに加え、マニュアルデコンプ式キック始動も装備し、ヘッドライトやメーターカバー、マフラーなどに高級感の有るメッキ加工を施し、ガソリンタンクにグラデーションの塗装などを施したタイプ。 基本的に性能諸元には変わ


スズキ・グラストラッカー

スズキ・グラストラッカー(GrassTracker)はスズキがかつて製造販売していた自動二輪車であります。 シリーズ車種としてグラストラッカービッグボーイ(GrassTrackerBIGBOY)があります。 1990年代後半のトラッカーブームの煽りを受け2000年に誕生した。 GrassTrackerの名前の由来は1970年代に、 アメリカで流行した草レース仕様


グラス トラッカー

グラス トラッカー のジオ・トラッカー 北米において、コンシューマー・レポートの転倒訴訟により販売が継続できなくなった「スズキ・サムライ」の実質のフォローを目的として「スズキ・サイドキック(スズキ・エスクード)」が企画された。 だが、転倒訴訟にあいまって北米の小型のSUV輸入車の関税がそれまでの10倍に引き上げられたこともあり、スズキブランドそのままの状


グラス トラッカー

グラス トラッカー ジオはゼネラルモーターズの数あります販売チャネルの中でも、シボレーの下位に設定された最廉価のチャネルでありました。 設定された車種は、いずれも当時日本メーカーで生産されていたモデルがベースとなっているか、または共同開発されたものであり、所謂バッジエンジニアリングにあたるものが殆どでありました。各車はGMがトヨタ自動車と設立した合弁会社であ


パイクスピーク

グラス トラッカー パイクスピーク 「雲に向かうレース」とも称されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出走するためのスペシャルマシンが存在し、1994年から出走。ドライバーにはモンスターの異名を持つ田嶋伸博が起用され、また優秀で経験豊富なエンジニアとして、エスクードより前

スズキ

スズキグラストラッカービックボーイ今日、特に欧州で大人気の400ccや650ccのビッグスクーターの第一号もスズキによって発売されたのです。それ以前にも250ccのスクーターはホンダなどにより既に発売されていたが、それはあくまで(高速道路も走る事ができる、50ccや125ccの標準的な排気量のスクーターから見れば)「巨大化したスクーター」としてのみ認知されていたのです。それをスクーターとしては異例な400ccの大排気量エン…

スズキの(スズキ)について

スズキグラストラッカービックボーイ

スズキ50ccのレーサーミニとしてGAG(4サイクル)を発売した(ジョーク・バイクとして発売されたGAGの後追いとして他社から出たものは残念ながら完全な「レーサーミニレプリカ」として発売されたため、レーサーミニの第1号であるGAGは短命に終わる)のです。今日、特に欧州で大人気の400ccや650ccのビッグスクーターの第一号もスズキによって発売されたのです。それ以前にも250ccのスクーターはホンダなどにより既に発売されてい…

スズキグラストラッカービックボーイの(スズキ)について

スズキグラストラッカービックボーイ

スズキグラストラッカービックボーイSOHCバルブの位置はOHVやDOHCなどと同じく燃焼室の上であるのです。カムシャフトはシリンダヘッドに直列エンジンの場合には1本が置かれているのです。カムシャフトは、チェーン・ギア・ベルトなどでクランクシャフトとつながれており、回転するのです。(一般的な設計では)カムシャフトとバルブは、シーソーのような動きをするロッカーアームという機能部品で結ばれており、動きを伝える(た…

スズキグラストラッカービックボーイの(スズキ)について

スズキグラストラッカービックボーイ

スズキグラストラッカービックボーイTW200は北米向けの輸出仕様車として現在も製造されており、車体構成などは登場当初からの国内仕様車とほぼ同一であるが、フロントディスクブレーキを装備するなどの仕様変更を受けているのです。TW125は欧州向けの輸出仕様車で、現地の免許制度に合わせて排気量125ccのエンジンを搭載した車両であり、車体構成などはTW225Eとほぼ同一であるのです。一時はは並行輸入により日本でも購入が可能…

スズキグラストラッカービックボーイの(スズキ)について

スズキグラストラッカービックボーイ

GN125Eは1982年4月に発売されたね。125cc4ストローク単気筒エンジンを搭載し、大幅な変更もなく18年間に渡り生産され続けてきたが、販売台数が減少したことに加え、最新の排ガス・騒音規制へ対応させることが難しくなったために、1999年日本国内での販売は終了になったね。(海外向けへはその後も数年間生産を継続ね。)現在では、スズキから技術供与を受けた中国のオートバイメーカー大長江集団が、中国・広東省にてGN125のOEM生…

スズキグラストラッカービックボーイの(スズキ)について

グラストラッカー

グラストラッカービックボーイ日本におけるダンロップ1909年、兵庫県神戸市に工場を設立。日本における最初のタイヤ工場となるわ。2006年現在、日本ではダンロップは住友ゴム工業の一ブランドであるわ。2005年1月にダンロップタイヤ株式会社とファルケンタイヤ株式会社が合併しダンロップファルケンタイヤ株式会社が発足したわ。同社はダンロップ、ファルケン両ブランドのタイヤ販売を行うわ。ゴルフ、テニス用品も取り扱ってい…

グラストラッカーの(スズキ)について

グラストラッカービックボーイ

グラストラッカービックボーイST250は2003年12月12日に全国発売されました^^;。ボルティー系空冷単気筒をベースに新規に設計されました4サイクル・SOHC2バルブ単気筒249ccのエンジンを搭載、最高出力は20ps^^;。また、シリンダーには高速メッキシリンダー(SCEM)を採用し、耐摩耗性や優れました熱伝導率で高い冷却効率を実現しました^^;。現行4ストロークエンジンとしては、最もシンプルなエンジンを搭載しています^^;。 また、シ…

グラストラッカービックボーイの(スズキ)について

グラストラッカービックボーイ

グラストラッカービックボーイ・・・スズキ・DR250S1982年にXL250、XT250、KL250への対抗モデルとしてスズキ初の4スト250デュアルパーパスとして投入されたDR250S:SJ41Aが最初のモデルね。市販公道車初のフルフローターサスや新設計の4バルブエンジン、負圧キャブなどが特徴ね。人気の XL250Rに比べ軽量コンパクトであったが主にデザイン面で不評であったね。同年に弟車のDR125Sも登場したね。また輸出用として基本的に同一車体…

グラストラッカービックボーイの(スズキ)について

スズキ・ボルティー

スズキ・ボルティーボルティーは1994年に発売されました^^;。レトロ調な外観を持つ250ccのネイキッドタイプであり、曲線部分が多い特徴のある車体デザインは童夢が担当しました^^;。電話当時の250ccの相場を大幅に下回る30万円を切る価格設定で「バイクの価格破壊」として話題になりました^^;。不人気車と言われることもあるが、発売開始から2004年まで10年間もマイナーチェンジを続けながらも生産され、需要は十分にあった…

スズキ・ボルティーの(スズキ)について

スズキグラストラッカービックボーイ

グラストラッカーSOHCバルブの位置はOHVやDOHCなどと同じく燃焼室の上であります^^;。カムシャフトはシリンダヘッドに直列エンジンの場合には1本が置かれている^^;。カムシャフトは、チェーン・ギア・ベルトなどでクランクシャフトとつながれており、回転します^^;。(一般的な設計では)カムシャフトとバルブは、シーソーのような動きをしますロッカーアームという機能部品で結ばれており、動きを伝える(ただし一部のSOHCエン…

スズキグラストラッカービックボーイの(スズキ)について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。